« 古本「現代 日本画家辞典」 | トップページ | 菓子製造会社の件で一句 »

2007年1月16日 (火)

ハピィさんのイラストを観た

NHK教育で「知るを楽しむ」を観た。白瀬中尉の南極探検物語だが、画家ハピィ氏橋(うじはし)さんのイラストが登場するというので楽しみにしていたのだ。番組が始まってしばらく経っても出てこないので「あれ、日を間違えたかな?」と心配したがそこは大丈夫。真打はちゃんと出るべき時に現れます。

白瀬隊が一時撤退でオーストラリアに寄航し、親切な学者の取り計らいで一行が人気者になったくだりだ。舞踏会に招待された白瀬中尉が貴婦人からダンスに誘われたのに、踊りができないので恥ずかしがって逃げ出した場面がイラストで表現されていた。

いやあ笑ってしまった。さすがハピィさん、赤面した様子が実によく描写されている。また時代と場所的にあり得ないカンカン踊りの姿をいたずらで入れてしまうあたり、遊び心満点だ。小さい字で「カンカン踊り」とこっそり書いてあるのがまたいいんだよね。NHKも柔軟になってきたなあ。前回は見逃してしまったけど、今回しっかり観ましたよ、ハピィさん。

« 古本「現代 日本画家辞典」 | トップページ | 菓子製造会社の件で一句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4959867

この記事へのトラックバック一覧です: ハピィさんのイラストを観た:

« 古本「現代 日本画家辞典」 | トップページ | 菓子製造会社の件で一句 »

最近のトラックバック