« コンセプチュアルな風景という写真集? | トップページ | Domani・明日展 »

2007年1月27日 (土)

100年前のピアノサロンコンサート

トリオ・レヴリーの一員として「100年前のピアノサロンコンサート」(横浜山手:ブラフ18番館)に出演した。今回はどこかのオーケストラのニューイヤーコンサートを真似してワルツ特集にした。いつもはチェロだが、今日は1曲ピアノを弾くことになった。ヨハン・シュトラウス作曲「こうもり」序曲のピアノ連弾版の楽譜を母体に、ヴァイオリンを追加したものだ。(連弾の低いほうを担当)。独奏ではないといえ、人前でピアノを弾くのは久しぶりなので緊張した。この曲に神経をすり減らしたせいか、今回はチェロのほうもあまり上出来ではなかったな。これはいけない、反省しなければ。というわけで中華街の「大新園」で紹興酒、その近くの「Athens」で松ヤニ入りワインと、お決まりコースに乗った。疲れていたのか、いつもより酔いがまわってしまった。

« コンセプチュアルな風景という写真集? | トップページ | Domani・明日展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/5110366

この記事へのトラックバック一覧です: 100年前のピアノサロンコンサート:

« コンセプチュアルな風景という写真集? | トップページ | Domani・明日展 »

最近のトラックバック