« 今日の英語:朝令暮改 | トップページ | 職場のクリスマスコンサート »

2006年12月21日 (木)

梶山明美ソプラノ・リサイタル

Photo_46 「ADVENT(待降節) 梶山明美ソプラノ・リサイタル」(武蔵野市民文化会館)に行った。妻がピアノ、尊敬する師匠(略すと尊師)の大橋美智子が作曲・ピアノ、ソプラノの梶山明美も練習で何度も顔を合わせているという内輪メンバーだ。従って、感想は内々行ない、ここでは演奏以外の感想と記録性を中心にしたい。 ♪カッチーニのアヴェマリアは梶山明美がピアノから遠いステージの右奥に立ってスポットライトを受けながら歌った。ヴィジュアル効果満点だった。 ♪武蔵野市民文化会館は三鷹駅から徒歩10分以上かかり、大変遠く感じた。もう少し駅に近いといいのになあ。 ♪梶山明美と(もう一人と)共にCDを出したクラリネット奏者 谷尻忍氏が、今回は梶山明美のアッシーを担当してくれた。ありがとうございます。 ♪梶山明美はピアノの蓋を全開にするのを好む。蓋が反響板の役割を持ち、よく響くからだそうだ。しかし今回はほとんど閉めていた。ピアノの調整がうまくいっておらず、大げさに言えばベレンベレンという音がするからだそうだ。 ♪打上げで食べた「鎌倉パスタ」は美味しかったなあ!

« 今日の英語:朝令暮改 | トップページ | 職場のクリスマスコンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4636839

この記事へのトラックバック一覧です: 梶山明美ソプラノ・リサイタル:

« 今日の英語:朝令暮改 | トップページ | 職場のクリスマスコンサート »

最近のトラックバック