« 職場のクリスマスコンサート | トップページ | 郵便局強盗で一句 »

2006年12月24日 (日)

ブラフ18番館のクリスマス

「ブラフ18番館のクリスマス」として西洋館でクリスマスキャロルを中心にBGMを演奏した。いつもはお客様の椅子を並べたサロンコンサート形式だが、今回は館からの要請でBGM方式になった。収穫はバッハ作曲「マタイ受難曲」のアルトのアリアだ。ヴァイオリンのオブリガートはそのままヴァイオリンで、アルトの旋律はチェロで、通奏低音その他の声部はピアノで奏した。これがまたいい曲なんだな。最近特に思うけど、バッハはポリフォニーの構成も豊かで優れているけど、メロディーも美しいなあ。あまり曲がいいので弾いているうちに興奮してきて力が入ってしまった。

妻は平塚で別のコンサートに出演。イブだというのにすれ違いとは、夫婦共にプロの音楽家は大変だなあ。もとい、妻はプロだけど私はアマチュアです。今のはちょっと言ってみたかっただけです。平塚のほうは高校のクラスメートの女性(プロのヴィオラ奏者)も出演し、彼女目当て(かどうか確かめていないが)で高校の仲間はみな平塚の方に行ってしまった。

« 職場のクリスマスコンサート | トップページ | 郵便局強盗で一句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4678015

この記事へのトラックバック一覧です: ブラフ18番館のクリスマス:

« 職場のクリスマスコンサート | トップページ | 郵便局強盗で一句 »

最近のトラックバック