« ブルックナーの[ぶつ切れ]を好きになる法? | トップページ | 今日の英語:朝令暮改 »

2006年12月19日 (火)

「飛んでも八分」の語源

「飛んでも8分、歩いて10分」の語源は何かというのが話題になった。いろいろ案が出たが、ネットで調べてみたら英語の「Never Happen」をもじったものらしい。なるほどね。それだけではつまらないので、実際に八分飛ぶとどの程度の距離を移動できるのかを検証してみた。 小型機は時速300kmぐらいだ。8分飛ぶと40km移動する。東京から横浜ぐらいだ。マッハ2のジェット機だと326kmに達する。名古屋ぐらいまで行けるんだ。スペースシャトルは秒速8kmぐらいだとか。これはすごい。8分飛ぶと3,840km移動できる。おおよそ千里に相当する。「悪事千里を走る」・・・これが言いたかったのだ。お後があまりよろしくないようで。

« ブルックナーの[ぶつ切れ]を好きになる法? | トップページ | 今日の英語:朝令暮改 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4601324

この記事へのトラックバック一覧です: 「飛んでも八分」の語源:

« ブルックナーの[ぶつ切れ]を好きになる法? | トップページ | 今日の英語:朝令暮改 »

最近のトラックバック