« ブラフ18番館のクリスマス | トップページ | 2006年美術展回顧 »

2006年12月28日 (木)

郵便局強盗で一句

【時々一句】郵便局に強盗が押し入り1,600万円が奪われたが・・・

   人質を助けてみれば伴侶なり

というわけで「演技派」強盗だったわけだ。しかし職員には「怪我するぞ」で人質役の奥さんには「動かないで」のように態度が変わるなんて、バレバレじゃないのかね。それでも職員はだまされたのか。気が動転していると平常時の判断力が鈍るのかもしれないな。

今回は元歌取りがみえみえで恥ずかしいが、いろいろヴァリエーションが作れて楽しいぞ。

   粉飾犯捕らえてみたらトップなり

こーでぃある、あーでぃある・・・といろいろ言い訳した挙句、みっともないね。最初から潔く告白すれば多少は同情票が集まりそうなものだけどな。

   音外れ探してみたら自分なり

あ、あまり他人を攻撃するとこのように自分に跳ね返ってくる。来春、友人の合奏団に加わるが、ファジーな音程は如何ともし難い。

というわけで今年は時事川柳のリハビリ期だったな。来年はがんばって飛翔したいものだ。

« ブラフ18番館のクリスマス | トップページ | 2006年美術展回顧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4718449

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局強盗で一句:

« ブラフ18番館のクリスマス | トップページ | 2006年美術展回顧 »

最近のトラックバック