« 大竹伸朗 全景 | トップページ | 切手考 »

2006年11月23日 (木)

山本容子展

Photo_36 「山本容子展」(湘南西脇画廊)をのぞいてみた。同画廊が改装工事を終え、仮店舗から以前の場所に戻って再スタートしたのだ。山本容子は版画の腕もたち、それに加えべっぴんだから版画界のPR担当にぴったりだと誰かが言っていたっけ。なるほど容子の容は容姿の容か、とアートに関係ないことを考えてしまった。

今回の展示では版画の中に文字や音符を散りばめ、楽しさいっぱいの作品が多かった。この案内ハガキの作品もそうだ。それらの作品とは別に、シェークスピアの劇に題材を求めた作品が2,3目についた。モノクロームの作品だが線に味があり構成も面白い。そういう作品はすぐ売約済みになるのだが、案の定赤丸シールが貼られていた。どんな人が買ったんだろう?

« 大竹伸朗 全景 | トップページ | 切手考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4290759

この記事へのトラックバック一覧です: 山本容子展:

« 大竹伸朗 全景 | トップページ | 切手考 »

最近のトラックバック