« 「音楽deショートショート」というジャンル開拓 | トップページ | ビル・ヴィオラ:はつゆめ »

2006年11月 3日 (金)

山手111番館サロンコンサート

友人と組んでいるピアノトリオ「トリオ・レヴリー」で横浜山手111番館サロンコンサートに出演した。この場所では2回目になる。2階まで吹き抜けになっているので、音が上品に響くのが嬉しい。お客様も満員になり良かった(と同時にプレッシャーになったが)。

しかし今回は意欲的な選曲だったな。

1.      モーツアルト「ケーゲルシュタット・トリオ」

2.      ラフマニノフ「エレジー」

3.      ブラームス「ハンガリア舞曲」第1,5,6番

4.      ドビュッシー「夢想」(アンコール)

モーツアルトの「ケーゲルシュタット・トリオ」については「モーツアルトのトリオに違和感?」のところで書いた。重複になるけど、ヴィオラのパートをチェロで強引に弾いたので難しかった。ラフマニノフのピアノ三重奏曲は2曲あるが両方とも偉大な芸術家を偲んで書いたエレジーなので紛らわしい。今回は初期の1番のほうを選んだ。ブラームスの「ハンガリア舞曲」はもともとピアノ連弾のための曲だが、今回は3曲とも違う編曲者によるピアノ三重奏版で演奏した。ジョヴァンニは第1番を編曲したんだよ。

よく晴れて結構暑いなか熱演したので、中華街での打上げ(揚州茶楼)で飲んだビールは格別だった。よせばいいのに、その後「松ヤニのワイン」が飲みたくなってギリシャ風バー「ATHENS」に行ってしまった。

« 「音楽deショートショート」というジャンル開拓 | トップページ | ビル・ヴィオラ:はつゆめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4066796

この記事へのトラックバック一覧です: 山手111番館サロンコンサート:

« 「音楽deショートショート」というジャンル開拓 | トップページ | ビル・ヴィオラ:はつゆめ »

最近のトラックバック