« ポップアート1960's-2000's | トップページ | POLA 新鋭展 »

2006年8月20日 (日)

さよならナム・ジュン・パイク展

Photo_6昨日のコンサートは満員御礼のプレッシャーと暑さで文字通り消耗戦だった。それに中華街での打上げで飲んだ紹興酒が追い討ちをかけ、昨晩は爆睡。今日は疲れが残っており相変わらずの暑さだ。しかし前から気になっていたので、熱射病覚悟で「さよならナム・ジュン・パイク展」(ワタリウム美術館)に行った。以前アマチュア写真家Eさんと飲み屋で盛り上がった際、彼女が「これこれこういうビデオアーティストがいるんだけど」と話を始めた。私がすかさず「ナム・ジュン・パイクでしょ?」と言ったら、「よく知ってましたね」と褒めてくれた。嬉しい。と言うか、これだけ狂ったように展覧会通いをしていれば、その道の「巨匠」の名前ぐらいは自然に覚えるもんだよね。でもパイクの名前こそ知っていたが、作品はほとんどというか全く観たことがなかったのだ。これはまずいなと思っていたのが足を運んだ最も大きな動機だ。パイク氏の訃報も新聞で読んでいたから、「さよなら・・・」というコピーにも惹かれた。

もう一つの動機がある。先日原美術館で束芋の個展を観たのがそのきっかけだ。確かに束芋は面白かったが、このてのメディア系アートを面白いと思うなら、その第一人者であるパイクを知らないでいるのも何となく具合がいのではないか、と思ったのだ。束芋の才能を疑うことは全くなく、むしろパイクより優れているんじゃないかとまで思うぐらいだが、この分野で先行して業績をあげた「開拓者」に敬意を表することは大事だと思うのだ。ただ行く前から思っていたことがある。パイクはコンセプチュアルなアーティストだから、先日観た束芋みたいに素直に作品を楽しむのではなく、作品と作品以外のこと(他のアーティストなど)との関連を考えるなどコンセプチュアルな面が強いだろうなということである。この予想はある意味で当たっていたが、ある意味で外れた。

Photo_7 会場の一角にビデオアートを観賞できるコーナーがあった。モニターが4つ設置してあり,ヘッドフォンで音を聴くことができる。そのうちの1つに陣取り観始めてほんの2,3分後に、なんとあの有名作「テレビ・チェロ」の録画に巡り合えたのだ1作品の放映時間が短くて30分、長いと70分を超えるから、お目当ての場面を観るまでの待ち時間は運のよしあしで相当違ってくる。そういう意味でこれは最高にラッキーだった。予想が一部外れたのはこれだ。純粋に作品鑑賞で楽しめた。動画だけでなくその音も良かった。チェロの低音を主体としたその力強い響きは、当時の「旬の現代音楽」を思わせた。

Photo_8 音楽の関係でもう1つ気になる作品があった。同志ヨーゼフ・ボイスを追悼した「ボイスを送る」だ。パイクと高橋アキとの二重奏で演奏したピアノを中心に構成されているそうだ。大好きな高橋アキの名前を見た途端、その作品の前で固まってしまった。制作はボイスの亡くなった1986年、いまから10年前だ。私が高橋アキの演奏を聴いて素晴らしいと思ったのは1970年代だ。しかしそれ以来作曲することに興味が移り、コンサートというものにあまり行かなくなったのでほとんど聴いていなかった。継続して高橋を追いかけていれば、パイクとのデュエットに遭遇できたかもしれない。惜しいことをしたものだ。

音楽の話が出たついでにもう一つ。パイクはバルトークの音楽を聴いて東洋的なものを感じ取ったということだ。こうした意識が「ユーラシアン・ウェイ」などの無国籍風の作品に注がれているのだろう。さらに音楽つながりの話がある。「ケージの森/森の啓示」だ。これは「けーじ(けいじ)」という言葉の遊びになっている。しかし原題は英語で「Forest of Cage/Revelation of Forest」であり遊びは見られない。あくまで日本語訳における遊戯なのだ。これは同音異義語が多い日本語ならではの特徴を生かした粋なはからいだと思う。翻訳者がよいセンスを持っていたのだろう。拍手。

ワタリウム美術館の地下の書店に降りると、すぐ左手に大きな本が書見台に開いて載せられていた。でっかい本だなと思って中味を見たら、なんと「ANFY WARHOL GIANT SIZE」ではないか。アートも食も旅も仕事も、みなアートにしてしまう粋な若者maxさんが衝動買いしたという逸品だ。ページをめくると、確かに楽しい。列車の切符を紙にただ並べて貼っただけでアートになってしまう。ウォーホルは構成の美に独特の感性を持っていたんだな。だからマリリン・モンローの写真を並べただけの作品でも、不思議な魅力が醸し出されるのだろう。でもmaxさんには負けた。これはやっぱり高いから買えないや。

« ポップアート1960's-2000's | トップページ | POLA 新鋭展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/3996436

この記事へのトラックバック一覧です: さよならナム・ジュン・パイク展:

« ポップアート1960's-2000's | トップページ | POLA 新鋭展 »

最近のトラックバック