« エドゥアルド・チリーダ展 | トップページ | 「ヨロヨロン」束芋 »

2006年7月31日 (月)

BAU HAUS 1923

_20060731ミサワ バウハウス コレクション」(高井戸)で開催していた「BAU HAUS 1923」に行った。今日が最終日だ。なぜ行ったかという理由は、あまり褒められない内容だ。勤務先では合計4日の夏季休暇がある。これを連続して取得してもいいし、バラバラに取ってもよい。私は「分割夏休み」を取ることにして、今日がその1日目だったのだ。しかし休んでみてしまったと思った。なぜなら月曜日は殆どの展覧会が休日だからだ。失敗したなあ。金曜日にすればよかった、と思っても後の祭。そこで「月曜日でもやっている展覧会はないかな?」とWebで探したのだ。そうしたらこの催しが見つかったというわけ。我が家から高井戸は遠いが、たまたま大田区に用事があったので、そこから足を延ばせば大したことはないだろうと思って出かけた。

現地に着いたらガラスの扉ががっしりと閉まっていて、横に内線電話がある。指定の番号を回すと、「予約の方ですか?」と聞かれてドギマギした。ここは予約制だったのだ。午前中は貸切だったそうだが、午後は偶然空いていたのでなんとか通してもらった。助かったなあ。ギャラリーの人に感謝。

会場に入ると、何やら怪しげな音楽が聴こえてきたのでそちらの方を見て驚いた。な、なんと一度観てみたかったオスカー・シュレンマーの「三組のバレエ」ではないか。そのまま椅子にどかっと腰を下ろし、しばしスクリーンに見入っていた。いやあこれだけでも来たかいがあったなあ。以前から図版で衣装は見ていた。そしてあんなにふっくらした衣装だとダンサーが満足に踊れないのではないかと心配していた。今回初めて観ると、予想通りダンサーの動きは緩慢だった。その代わり、身にまとった幾何学的図形の衣装を様々な角度から見て、その形態と色の変化を楽しむことができるのだ。この「仕掛け」は面白いと思った。だからこそ、シュレンマーの作品は未だに色あせることなく存続しているのだろう。

他の展示は質・量ともに優れているとは思わなかったが、壁づたいに写真入りバウハウス年表を繰り広げるなど、バウハウス好きにとって嬉しい展示方法を採っている。次に入った「第2展示室」は図書館のようだった。蔵書が造り付けの本棚にぎっしり並んでいる。そこに「日本の抽象画」という10年ぐらい前の展覧会カタログがあり、思わず手に取ってしまった。バウハウス、デザインなどの本が豊富に置いてあるので、その分野の研究をしたい時にまた来ようかな。

« エドゥアルド・チリーダ展 | トップページ | 「ヨロヨロン」束芋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/3996869

この記事へのトラックバック一覧です: BAU HAUS 1923:

« エドゥアルド・チリーダ展 | トップページ | 「ヨロヨロン」束芋 »

最近のトラックバック