« 「陽動袖飛車」戦法 | トップページ | 吉原治良展 »

2006年6月30日 (金)

すぷりんぐこんさあと

__20060630_2創設以来30年近く続いているという「すぷりんぐ・こんさあと」に行った。いつものルーテル市谷センターだ。両側に斜めに伸びるコクリート支柱は、三角形を構成し、セザンヌの水浴図を想起させる。これに天井から吊り下げられたオブジェのような十字架とオルガンを配置し、総合的に観ると現代アートの展覧会場みたいで面白い。あっいけない。ついいつもの調子でアート評論を始めてしまった。今回は演奏会評に挑戦するんだった。

【演奏評】

鈴木陽子(ピアノ)はグループの大黒柱ともいえるベテラン。冒頭でモーツアルト・イヤーを飾る「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の連弾、休憩後は軽やかなスコット・ジョプリンで同じく連弾、最後にソロでベートーヴェンの「悲愴ソナタ」で〆という活躍だった。一人で先発・中継ぎ・抑えをやってのけたのだからすごい。今日の開幕戦で完投した上原みたいだ。巨人勝ったぞ、ばんざい。そういえば横尾忠則だって日記に「巨人勝った」と記していたな。あっいけない。横道にそれてしまった。どうもコンサート評論は落ち着かない。ほとんど書いたことがないからなあ。

ピアノの三枝玲子は鈴木陽子の連弾の相手を2回つとめたが、控えめな演奏で鈴木陽子を支えた。真面目な人なのかな、演奏も真面目だ。この他印象に残ったのはプロを目指す高校生の三人組だが、これがまた上手だった。

杉山翼(フルート)は尾高尚忠のコンチェルトという難曲を文字通り翼で舞うが如く捌いた。指先のテクニックに加え、オーボエに負けない太い音を出せるという長所も併せ持っていた。そういえば尾高賞なんて一生に一度受賞してみたいな。がんばらなければ。

樋田紀子(オーボエ)はベッリーニのコンチェルトを典雅に吹いた。息の抑制がよく効いていたのだろうか、小さい音も綺麗に出していた。音色に気を遣うところでは楽器を前方に突き出すようにして、大事に大事に息を吹き込んでいた姿が好印象だった。

中山多佳子(ピアノ)は二人をガッチリと支えた。ピアノだけ鳴るところはアゴーギクを効果的に発揮させ、管楽器が加わるとインテンポを守りシュアなアンサンブルを組み立てていた。この三人の最後の曲となるトリオでは、それぞれの個性をぶつけあいながらも、良く調和させた素晴らしい演奏だった。ううむ、結局「うまかった」、「音色が良かった」、「真面目だった」など形容詞を並べただけになってしまった。これではとても評とは言えないな。もっと修練を積もう。

【作曲家と曲目について】

ジャン=ミシェル・ダマーズ Jean-Michel Damase 1928年生まれ(ブーレーズより3つ年下)という新しい世代なのに調性音楽でがんばっている。ベルリンの壁が崩壊する前の旧東独の具象画家みたいだ。でもバルトークだって「現代でもハ長調で音楽が書ける」と言ったっけ。名門パリ音楽院でアンリ・ビュセールに作曲を習ったとか。おお、すると大好きなデュティユと同門ではないか。デュティユの個性的作法には及ばないが、フランス近代の香りは感じる作風だ。

作曲家の系譜を辿ると次の二つの奔流を受けていることがわかる。

その1:グノー→ビュセール→ダマーズ

その2:フランク→ビュセール→ダマーズ

うーむ、グノーとフランクの両方のDNAを継承しているのか。これを何と表現しようか。お洒落をして女性とデートする傍ら、緻密な仕事をこなすカッコいい男性・・・という感じか。いいなあ。

今回演奏したトリオは冒頭で不協和音がしばらく鳴り、その後普通の調性音楽に収れんする。これはモーツアルトの弦楽四重奏曲「不協和音」と似ている。この不協和音は片方の管楽器にもう一つが二度で絡み合ってくる形で作られている。少々古いが小倉朗の「交響曲ト調」の第一楽章の冒頭にその方法が似ていると感じた。しかしこの作曲家はもう一つ思い出したのは、モーツアルトの「不協和音」はフリーメイスンの音楽だということ。それではダマーズもフリーメイスンの会員だったのかな?というジョヴァンニの出まかせにダマーズされないでね。

ベートーヴェンの「悲愴」には思い出がある。私が高校生になりピアノのレッスンを止めることにしたのだが、その最後の発表会で弾いたのが「悲愴」の第一楽章だったのだ。もちろん鈴木陽子のような素晴らしい演奏はできなかったけど、一生懸命弾いた。この日、クラブの先輩がみんなに言いふらし、顧問の先生とクラブの仲間が聴きに来てしまうというハプニングがあった。今でいうインスタレーションか・・・。あっいけない、また美術と間違えた。この曲、外見が単純だからアラが目立ちやすいんだよね。それにしても鈴木陽子は綺麗な音を出していたなあ。というわけだが、やはり音楽評論は疲れるなあ。

__20060630_3 打上げは会場近くにある「炭火・旬菜 とう灯」。これがまたいいんだよね。

« 「陽動袖飛車」戦法 | トップページ | 吉原治良展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4071719

この記事へのトラックバック一覧です: すぷりんぐこんさあと:

« 「陽動袖飛車」戦法 | トップページ | 吉原治良展 »

最近のトラックバック