« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

すぷりんぐこんさあと

__20060630_2創設以来30年近く続いているという「すぷりんぐ・こんさあと」に行った。いつものルーテル市谷センターだ。両側に斜めに伸びるコクリート支柱は、三角形を構成し、セザンヌの水浴図を想起させる。これに天井から吊り下げられたオブジェのような十字架とオルガンを配置し、総合的に観ると現代アートの展覧会場みたいで面白い。あっいけない。ついいつもの調子でアート評論を始めてしまった。今回は演奏会評に挑戦するんだった。

【演奏評】

鈴木陽子(ピアノ)はグループの大黒柱ともいえるベテラン。冒頭でモーツアルト・イヤーを飾る「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の連弾、休憩後は軽やかなスコット・ジョプリンで同じく連弾、最後にソロでベートーヴェンの「悲愴ソナタ」で〆という活躍だった。一人で先発・中継ぎ・抑えをやってのけたのだからすごい。今日の開幕戦で完投した上原みたいだ。巨人勝ったぞ、ばんざい。そういえば横尾忠則だって日記に「巨人勝った」と記していたな。あっいけない。横道にそれてしまった。どうもコンサート評論は落ち着かない。ほとんど書いたことがないからなあ。

ピアノの三枝玲子は鈴木陽子の連弾の相手を2回つとめたが、控えめな演奏で鈴木陽子を支えた。真面目な人なのかな、演奏も真面目だ。この他印象に残ったのはプロを目指す高校生の三人組だが、これがまた上手だった。

杉山翼(フルート)は尾高尚忠のコンチェルトという難曲を文字通り翼で舞うが如く捌いた。指先のテクニックに加え、オーボエに負けない太い音を出せるという長所も併せ持っていた。そういえば尾高賞なんて一生に一度受賞してみたいな。がんばらなければ。

樋田紀子(オーボエ)はベッリーニのコンチェルトを典雅に吹いた。息の抑制がよく効いていたのだろうか、小さい音も綺麗に出していた。音色に気を遣うところでは楽器を前方に突き出すようにして、大事に大事に息を吹き込んでいた姿が好印象だった。

中山多佳子(ピアノ)は二人をガッチリと支えた。ピアノだけ鳴るところはアゴーギクを効果的に発揮させ、管楽器が加わるとインテンポを守りシュアなアンサンブルを組み立てていた。この三人の最後の曲となるトリオでは、それぞれの個性をぶつけあいながらも、良く調和させた素晴らしい演奏だった。ううむ、結局「うまかった」、「音色が良かった」、「真面目だった」など形容詞を並べただけになってしまった。これではとても評とは言えないな。もっと修練を積もう。

【作曲家と曲目について】

ジャン=ミシェル・ダマーズ Jean-Michel Damase 1928年生まれ(ブーレーズより3つ年下)という新しい世代なのに調性音楽でがんばっている。ベルリンの壁が崩壊する前の旧東独の具象画家みたいだ。でもバルトークだって「現代でもハ長調で音楽が書ける」と言ったっけ。名門パリ音楽院でアンリ・ビュセールに作曲を習ったとか。おお、すると大好きなデュティユと同門ではないか。デュティユの個性的作法には及ばないが、フランス近代の香りは感じる作風だ。

作曲家の系譜を辿ると次の二つの奔流を受けていることがわかる。

その1:グノー→ビュセール→ダマーズ

その2:フランク→ビュセール→ダマーズ

うーむ、グノーとフランクの両方のDNAを継承しているのか。これを何と表現しようか。お洒落をして女性とデートする傍ら、緻密な仕事をこなすカッコいい男性・・・という感じか。いいなあ。

今回演奏したトリオは冒頭で不協和音がしばらく鳴り、その後普通の調性音楽に収れんする。これはモーツアルトの弦楽四重奏曲「不協和音」と似ている。この不協和音は片方の管楽器にもう一つが二度で絡み合ってくる形で作られている。少々古いが小倉朗の「交響曲ト調」の第一楽章の冒頭にその方法が似ていると感じた。しかしこの作曲家はもう一つ思い出したのは、モーツアルトの「不協和音」はフリーメイスンの音楽だということ。それではダマーズもフリーメイスンの会員だったのかな?というジョヴァンニの出まかせにダマーズされないでね。

ベートーヴェンの「悲愴」には思い出がある。私が高校生になりピアノのレッスンを止めることにしたのだが、その最後の発表会で弾いたのが「悲愴」の第一楽章だったのだ。もちろん鈴木陽子のような素晴らしい演奏はできなかったけど、一生懸命弾いた。この日、クラブの先輩がみんなに言いふらし、顧問の先生とクラブの仲間が聴きに来てしまうというハプニングがあった。今でいうインスタレーションか・・・。あっいけない、また美術と間違えた。この曲、外見が単純だからアラが目立ちやすいんだよね。それにしても鈴木陽子は綺麗な音を出していたなあ。というわけだが、やはり音楽評論は疲れるなあ。

__20060630_3 打上げは会場近くにある「炭火・旬菜 とう灯」。これがまたいいんだよね。

2006年6月 7日 (水)

「陽動袖飛車」戦法

パソコンのおまけに付いていた「柿木将棋Light」と遊んだ。一番高い「レベル5」に設定したが勝てた。ジョヴァンニの秘密作戦「陽動袖飛車」が成功したんだ。その棋譜を公開するよ。ジョヴァンニは段無しでおおよそ初段程度だから高段者からみると低次元の棋譜だろうけど、そこは勘弁してね。

Photo_21 先手<ジョヴァンニ・スキアリ>▲7六歩、後手<柿木将棋Lightレベル5>△3四歩、▲6六歩、△8四歩、▲6八飛、△6二銀、▲7八銀、△4二玉、▲3八銀、△6四歩、▲7七角、△8五歩、▲1六歩、△5二金、▲6七銀、△3二玉、▲3六歩(図)

先手四間飛車模様で始まり、後手の玉が3筋に寄ったタイミングで▲3六歩と突いたところ。これがジョヴァンニ得意の「陽動袖飛車」の狙いだ。

図より、△4二銀、▲3七銀、△5四歩、▲4六銀、△3三銀、▲3八飛、△2四銀、▲5六銀、△1四歩、▲7八金、△1五歩、▲同歩、△同香、▲1七歩、△1一角、▲7八玉、△6三銀、▲3五歩、△7四歩、▲3四歩、△5五歩、▲同銀右、△7五歩、▲同歩、△3一玉、▲1六歩、△7六歩、▲8八角、△1六香、▲同香、△1五歩、▲同香、△同銀、▲1四香、△2二角、▲1二香成<角取り!>、△8六歩、▲同歩、△2四銀、▲1四歩、△8六飛、▲8七歩、△8五飛、▲1三歩成、△同角、▲6五歩、△3七歩、▲1八飛、△4二玉、▲6四歩、△7二銀、▲5四銀、△7七歩成、▲同金、△5三香、▲同銀成、△同金、▲8六金、△8四飛、▲1一角成、△5五歩、▲同馬、△4四金、▲6五馬、△3八銀、▲同金、△同歩成、▲同飛、△8八金(図)

Photo_22 後手は先手の袖飛車に対抗して△2四銀から棒銀を見せる。先手はいったん▲1七歩と辛抱して、その後反撃に転じて▲1二香成で角取りとなる。しかしこれを取らずに我慢して後手玉を狭くする作戦を採った。これが功を奏して優位が広がる。有効手がなくなった後手は、△8八金(第2図)と駒を取るだけの俗手を指してきた。

図から、▲7四歩、△9九金、▲7七桂、△3五香、▲1八飛、△8九金、▲8五香、△9四飛、▲9六歩、△3四金、▲9五歩、△7五歩、▲9四歩、△7七歩成、▲同玉、△5一金、▲8二香成、△5三桂、▲5四馬、△4四金、▲7二馬、△3九香成、▲6三歩成、△6五桂、▲同銀、△2九成香、▲7一飛、△6一桂、▲6二と、△5五金、▲6六銀、△7三桂右、▲同歩成、△2八成香、▲同飛、△6五金、▲同銀、△9七銀<ん、なんだこの無駄な手は>、▲7六金、△8八銀不成、▲8六玉、△9四歩、▲5一と、△8五歩、▲7五玉、△3三玉、▲1三成香<角取りになってから80手目でやっと角を取る>、△同銀、▲4五馬、△2二玉、▲7二飛成、△3二香、▲4一角、△1一玉、▲3二角成、△3三桂、▲2一金、△1二玉、▲1一金打(詰め上がり図)まで145手でジョヴァンニの勝ち。

Photo_23 負けを覚悟した柿木将棋は途中△9七銀などという無駄な手を指してきた。柳に風で軽くかわして、後は俗手の連続で楽勝。嬉しいな。これでストレスが飛んだ。この「陽動袖飛車」って面白いでしょ? 最近「藤井システム」が有名になったので、先に▲3八銀と立つのが不自然でなく、相手を引っ掛けやすいんだ。もっとも相手がパソコンだと、そういう心理戦は通用しないだろうけど(笑)。

2006年6月 5日 (月)

別宮貞雄 室内楽作品の夕べⅡ

Photo_25別宮貞雄 室内楽作品の夕べⅡ」(東京文化会館小ホール)へ行った。最近展覧会へは毎週のように行くが、コンサートにはほとんど行くことがない。今回は現代作曲家の作品ということもあり、タダ券というのもあったので例外的に足を運んだ。妻が子供のころ別宮作品(子供のための現代ピアノ曲集の1曲)のレコーディングをした縁で、招待券をもらえたのだ。このホールは昔から全然変わってないな。じゃばらの形をしたオブジェのような反響版が何十年も音を跳ね返し続けている。いかにも現代曲に相応しいホールだ。しかも作曲者本人が84歳という高齢ではあるが、元気で会場に来られているのも頼もしい。ご本尊が鎮座されていれば、演奏者も作曲者の意図からそう外れた演奏はできないだろう。またプログラムの大半が別宮貞雄自身により書かれたので、フィルターをかまさない真の姿が見られるのも嬉しい。他人が言葉を飾って書く文章には、どこか真実から離れた内容になってしまうからだ。それにしても会場はほぼ満員。このような地味なコンサートによくこんなに多くの人が来るものだと感心してしまった。

ピアノのためのソナチネ」は別宮が「私の作品の中で一番、第2次大戦後の新古典的作風である」と書いている。またダリウス・ミョーの影響についても言及している。確かに七、九、十一の和音が連続したような硬質な響きは新古典派を彷彿とさせる。一方ミョーの影響という点については本人が言っているのだから確かなのだろうが、多調の響きがあまり感じられず疑問が残った。ミョー=多調という先入観があるが、それ以外の内容についてなのであろうか。演奏は、前回同様コンサート全体を仕切る花岡千春。音構成を「見て下さい」と言わんばかりの明快な弾き方は良かったと思う。

アルトサクソフォーンとピアノのための「街の歌」は別宮によると「もとはハーモニカのための作」だそうだ。別宮=ベートーヴェンという方程式からほど遠いブルースっぽい作品で驚いた。武満がフォークソングを作るようなものなのか。ある意味で別宮の拡がりを感じさせる曲であったが、好きにはなれなかった。ただしサクソフォンの雲井雅人の腕前はすごいものがあると認めた。特に冒頭のロングトーンが美しい響きだった。ピアノの花岡はサックスを盛り立てるように抑制が効いた演奏で好感が持てた。

ピアノ連弾のための「北国の祭」は日本民謡を素材に用いているので、民謡を好まない私には聴きづらい作品だった。ただし作曲技法の面からみると、よく構成され変化に富んだ曲に仕上がっていると思った。花岡の相方は作曲家でもある尾高惇忠。低音部を受け持った尾高は流石に作曲家らしく「ここはこっちがメロディーですよ」とか「ほらここはかけあいが面白いでしょ?」などと説明してくれるような演奏ぶりだった。花岡との相性もいいらしい。尾高が張り切ったせいだろうか低音部が元気いっぱいで若干音量バランスが気になったが、小さな点である。なお尾高は芸大で池内友次郎、矢代秋雄、三善晃というそうそうたるメンバーに学び、パリ音楽院では私が好きなアンリ・デュティーユに師事したそうだ。弦楽四重奏曲も作っているので楽譜を見てみたい。

オーボエとピアノのためのソナチネ「薄明」は、今回のコンサートで最も気に入った作品だ。別宮自身の解説では「ラレソドファシミラレソで始まり、全曲この音列を主題とする」とのことだ。「こんな作品は他にない」とも。確かにこのような音列に徹した作品は見たことがない。五度の跳躍とそれを埋めるかのような音階的素材が交錯し、構成の妙味を感じさせる。調性感も比較的強くなじみやすい。オーボエの井上圭子はピアノの花岡とのかけあいを大切に、抑制の効いた演奏だった。音量もよく制御されており、どぎついところが全くない。全編メゾピアノからメゾフォルテの間で落ち着かせ、なおかつ変化をつけたという感じだ。

「叙情小曲集」(室生犀星作詞)も素晴らしい作品だ。Ⅰ 白魚、Ⅱ 京都にて、Ⅲ 蛇、Ⅳ ふるさと、Ⅴ かもめ、Ⅵ 海濱獨唱の6曲から成る。別宮は「私の作った歌曲の中で、歌われることが比較的少ない。チャーミングな歌だと思うのに、残念だ。」と書いているが、本当にそう思う。歌もピアノも調性感が希薄で、モダニズムが全体を覆っている。師匠のミョーとメシアンのどちらにも似ていないが、フランス近代の響きだ。オペラアリアのようなどぎつさが無く、緊張感の中に安らぎも同居している。1曲1曲が短く、少々物足りない感はあったな。その点ではフォーレの歌曲みたいだ。なかでは「Ⅰ 白魚」が最も好ましい作品に思えた。ソプラノの小泉恵子はこの近代様式の曲を、余裕を持ってこなしており、良い演奏だと思った。ピアノとの和声の組み立てを聴いた限りでは音程が良かったようだ。

最後に別宮大先生がステージに呼ばれると拍手喝采。この年で新作のオペラに取り組んでいるそうだ。「来年早々、出来立てのホヤホヤをお聴かせします」と言われ、来場者から受けていた。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

最近のトラックバック