« 堂本尚郎展 | トップページ | 展覧会行った回数 作家別ランキング »

2006年1月29日 (日)

DONAMI・明日展

Donami__1DOMANI・明日展2006」(損保ジャパン東郷青児美術館:新宿)を観に行った。若手有望アーティストの作品を観て、アートの第一線の様子を知りたかったのだ。文化庁が1967年に発足させた「芸術家在外研修」(新進芸術家海外留学制度)派遣者の競作だ。このような制度はとっくの昔に消えてなくなったと思っていたが、以外に長く(なんと40年にもなる!)継続されているので驚いた。「DONAMI・明日展」は里帰りした派遣者に成果発表の場を提供する「受け皿」という感じの催しで、今回で9回目を迎えるという。着くまでのビル風がきつく埃で目が痛くなったが、結果は思った以上に収穫があった。

一つ不満が残ったので、その点では好感は持てなかった。でも楽しめたからまあいいか。

中ザワヒデキの「シアン、マゼンタ、イエローによるニュー・ヒュレー第2番」(半券の中)は私の大好きな回文を多数散りばめたコンセプチュアル作品で、アイデアとして面白かった。ただ掲示された解説に理屈が多く、純粋に作品としての存在感にいま一つ不満が残ったので、その点では好感は持てなかった。でも楽しめたからまあいいか。

_untitled_1 横溝美由紀の「Untitled図)は大小様々な黒水晶の玉が糸で吊り下げられて立方体状の空間を形成させていた。雨を想起させる作品だが、一種独特の雰囲気が漂い不思議な感動を覚えた。その空間の中に入って内から外を見てみたかったが、それは叶わなかった。

_another_landscape 橋本令子の「Another Landscape(図)は巨大な陶芸作品群にビデオアートを照射するという仕掛けだ。目線が固定せず落ち着かないが、ずっしり動かない陶芸作品と絶えず変化する画像との取り合わせが面白かった。横浜トリエンナーレで観た「鹿児島エスペラント」のような総合的メディアアートの一つの形として楽しめた。

« 堂本尚郎展 | トップページ | 展覧会行った回数 作家別ランキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163862/4072748

この記事へのトラックバック一覧です: DONAMI・明日展:

« 堂本尚郎展 | トップページ | 展覧会行った回数 作家別ランキング »

最近のトラックバック